「処理」強敵○○○をやっつけろ

サトウです。


さて、今日もGTD「処理」についてのお話です。
処理のステップは、スピーディに行うことが重要、と前回お伝えしました。



今日の習慣化のポイントは、

============================
 INBOXに戻さない
============================


ということです。


処理のステップでは、「収集」で掘り起こした内容を
1件ずつ、これは何か?と問いかけていくものです。

ここで重要な点は、前回もお伝えした通り、
上から1件ずつスピーディに!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ということです。



しかし、それを意識すると、


================================
 難しそうなものが後回しになりがち
================================

です。
私も以前、そうでした。


私のGTDは、MACのアプリを使っています。
 (それについてはまた後日、お伝えします)


上から1件ずつ、の原則があるハズなのに、
すぐ下に簡単そうなタスクが見えてしまい、
簡単そうなそのタスクから片付けてしまう。。。

そんな状態になってしまうんですね。


最終的に片付けばそれでもいいのでは?
と思われるかもしれません。


しかし私は、その考えには反対です。

「処理」のステップのはずが、
タスクが処理されていかないからです。


難しそうなタスクを
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
後回しにしない習慣を身につける。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

これがポイントです。



「処理」の時に順番を前後してしまうと、
同じものを何度も何度も見てしまうことになります。

そうすると、「目の前の一つのこと」に
集中しにくくなってしまうんですね。


どうせ最後には処理するのですから、
最初に見たときにやってしまうのが単純明快です。




いかがでしたでしょうか?
処理のステップは、スピーディにこなすことが重要です。

その一環として、今回の「INBOXに戻さない」を実践してください。

カテゴリー:  ┣ GTD 2.処理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>