「収集」より具体的に考える方法

サトウです。


今日も「収集」です。
一歩ずつでも、進んでおりますでしょうか。

前回は、ツールに焦点を当てました。


今回は、実際に頭の中の「気になること」を
パソコンに書き出してみましょう

さぁ、どうぞ!
まずは25分、やってみてください!!

・・・と言っても、何から手をつけていいのか、
迷われるかもしれませんね。

もちろん、何から「収集」しなければならない、
というルールはありません。

しかし、「収集」を成功させるポイントがあります。


今日、実践していただきたいのは、


================================
 テーマを決めて収集を行う
================================

ということです。



テーマとは、大きく以下の3つがあります。
「あなたの役割」
「あなたの興味」
「環境」

このうち、どのテーマで収集するかをまずハッキリさせます。
今回は「あなたの役割」にフォーカスします。

「あなたの役割」の大きなテーマを、
さらに小さなテーマに落とし込んでみましょう。
プライベートで言えば、
 ・友人
 ・恋人
 ・家族(さらに言えば、親、兄のように)

仕事で言えば、
 ・部下
 ・同僚
 ・システムエンジニア(職種)
 ・アドバイザー
 ・上司

 ・取引先

のような役割をあなたは担っていると思います。
そして、小さなテーマが見えてきたら、

==============================
 小テーマに対して、「収集」する
==============================

ことをやってみてください。

漠然と「収集する」よりも、
遥かに効率よく出来ることが分かると思います。

しかも、先にテーマを決めますので、
テーマ内の抜け漏れも起こりにくいというメリットもあります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

いかがでしょうか?

まずはこの方法を使って、1つのテーマに対して、
「収集」をやってみてください。

抜け漏れの少ない「良い収集」を体験し、
あなたの自信に繋げてください。

次回も「収集」をさらに具体的にお伝えします。

カテゴリー: GTD,  ┣ GTD 1.収集 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>