【習慣化】悪の心に支配されました 

サトウです。

昨日は3週間ぶりにコーチングを受けました。

久しぶりにココロがスッキリ、出来ました。
自分で自分のことを振り返ることはありますが、
コーチとの対話で考えることは、やはり効果的です。

今日はそんな体験をお伝えします。

ーー

4月の新年度の慌ただしさから、
どうにも「やりたいこと」の整理が着いていませんでした。
昨日は、それを整理のする日でした。

やりたいことは多々あって、
それをどれも進めてはいるけれど、どうも中途半端。
「完成」してないということが、サトウ自身の中で大きな見えない壁になっていました。

「今やれていること」を話していくと、
「サトウさん、すごく行動出来ていると思いますよ」
と言われ、ものすごく安堵感がありました。

気づいたのは、

================
出来ていることに着目すべき
================

だということです。
わりと最近、メールでも書いたことですが、
「着目の仕方」に大きなポイントがありました。

肯定的に捉える、ということです。

サトウが出来ていることをコーチに話すとき、
こんな風に言っていました。

・XXXが60%ぐらいの状態、まだ終わってない
・XXXの準備に着手したが、まだ詰まってない
・XXXを始めたが、まだ結果が出せてない

ということを、無意識に言っていました。
「無意識に」です。

これって、出来ていることに着目すると、
「、まだ・・・」の部分いらないですね。
聞かれてないですから。
出来ていることだけ言えばいいんですから。

無意識=習慣、潜在意識下の選択です。
今までの思考習慣で、

「終わっていないことは悪」

だと思っているサトウに気づきました。
だから、聞かれてもいない「、まだ・・・」をつい話してしまう。

もしかしたら、「、まだ・・・」を話すことで、
安心している自分がいるのかもしれません。

逆に。

・XXXを60%まで進められた
・XXXの準備に着手した
・XXXを始めた

という風に言えばどうでしょう?
そして、これらを前に進めるためにはどうしていこうか?

と考える方が、圧倒的にポジティブです。
受ける印象もガラリと変わっています。

それに気づいたときに、
「理想」な自分がまた少し、クリアにイメージ出来ました。

「肯定的な言葉を使い、自信に満ちている状態」

目指す像がクリアになったことで、
取るべき行動も見えてきました。

コーチングの効果、恐るべしです。
コーチの質問ももちろん大切で有効ですが、
自分で発する言葉、そこから得る気づき。

コーチングの真髄はココにあります。

さて。

気づきを得て、その理想に近づくために。
肯定的な言葉で話せるようになるには、
サトウにとっては、「無意識」を変える必要があります。

無意識=習慣、潜在意識下の選択です。

こういう「思考習慣」を変えるには、実は大きなポイントがあります。
それは・・・

次回のメールで、詳しくお伝えします。

ーー
今日のメールはいかがでしたか?
ぜひ、みなさんも私が経験したような、
「コーチング」を体験してみませんか??

まずはお試しセッションから、お申し込みください。

http://abvom.biz/brd/archives/tucpyq.html

それではまた、メールしますね。

佐藤 友康

このメール配信を解除したい場合は下記URLより行って下さい。

http://abvom.biz/brd/88/gtdcoach/mail_cancel.php?cd=05Gw/ReZPNeA63

——————————————————-
<ブログ>

http://ameblo.jp/gtdcoach/

http://gtdcoach.net/

発行:佐藤 友康(サトウ トモヤス)
   早起き/朝活コーチ

問合せ:
sato@gtdcoach.net
——————————————————-

カテゴリー: ブログ パーマリンク