【習慣化】飯なんか食ってる場合じゃない 

サトウです。

一昨日・昨日は名人戦第二局。
「あいがかり」と呼ばれる戦型で、お互いに積極的に攻め、早い展開になりやすいものです。
実は、一局目も「あいがかり」でした。

将棋の世界では、同じ戦型で先手後手両方で負けてしまうと、
「往復ビンタを喰らった」と言われます(笑)

さて気になる結果の方は・・・

http://mainichi.jp/feature/shougi/meijinsen/

もちろんニコニコ動画で生放送されていたので、
昼休みにそれを見つつ・・・

と、いつもなら、そうなるところですが。
昨日のサトウは違いました。
そして、そのことで確信を得ました。

みなさんは、お昼ご飯は誰と食べていますか??

サトウはそんな感じで、将棋があれば生放送を見つつ、
無ければ適当にネットでニュースを見つつ、
一人で昼食をとることがしばしばでした。

でも、一昨日・昨日と。
一人を誘って、会話しながら食べる試みをやってみました。
「サシ飲み」ならぬ、「サシランチ」ですね。

そのサシランチ。

ものっっっっっっっすごく有意義でした。

ものっっっっっっっすごく、です。

仕事以外の会話をすること自体がまず新鮮で、
仕事の環境でないところ食べることも新鮮、
しかも1対1でじっくり話すことも新鮮。

相手の思いを聞いたり、
サトウの思いを熱く語りました。

人と対話していると、いろいろアイディアが湧き出ます。
相手の反応で何かを得たり、
自分が何気なく話したことがヒントになったり・・・

コーチングの効果で、
話すことで気づきを得てもらう(オートクライン)
というものがあります。

あらためて、その効果は絶大なことに気づきました。

これは、一人で飯食ってる場合じゃない。

以前にコーチングを受けたときに、
「自分が誰で、どんな思いで「朝活」や「コーチング」をしているか」
を明確にしよう!という課題を発見し、取り組んでいました。

その「思い」を伝えたところ・・・

想像以上のいい反応が得られました。
また別の形で実現出来そうな、そんな予感がします。

頭の中だけでゴチャゴチャ考えるよりも、
聞いてもらって感想を聞いた方が、
ずっとずっと有用なんですね。

当たり前のようですが、サトウにとってはいい気づきでした。

・・・という成果をコーチに伝えて、
自分自身のモチベーションが今MAXに高まっています。

サトウにとって必要なのは、
「誰かに本気で話すこと」でした。

それに気づき、それを継続させるためにも、
サシでのランチは続けていこうと思います。

みなさんも、今日はぜひ!
誰かをサシでのランチに誘ってください。

みなさんの思いを語ってください。
恥ずかしがらずに。大丈夫。

普段では得られない気づきが、必ずあります。

それではまた、メールしますね。

佐藤 友康

このメール配信を解除したい場合は下記URLより行って下さい。

http://abvom.biz/brd/88/gtdcoach/mail_cancel.php?cd=05Gw/ReZPNeA63

——————————————————-
<ブログ>

http://ameblo.jp/gtdcoach/

http://gtdcoach.net/

発行:佐藤 友康(サトウ トモヤス)
   早起き/朝活コーチ

問合せ:
sato@gtdcoach.net
——————————————————-

カテゴリー: ブログ パーマリンク