【ST通信】読まない将棋 

サトウです。

ここ5週にわたって行われてきた、「電王戦」が終わりました。
人間とコンピュータソフトの将棋対戦。

コンピュータが本当に強くなったなぁーという印象です。
結果だけみても1勝4敗と人間側に勝ち越しましたが、
その対戦の内容もいいものばかりでした。

中盤から正確な指し手で徐々に優勢になり、
そこからはジリジリと攻めていくという・・・

期待の星、豊島さんが圧倒的な強さで勝ってくれたことが嬉しかったですが・・・
来年も、あるんでしょうか。
これだけ負けると難しいのかなぁという気もします。

故・米長邦雄さんは、
「コンピュータと読み比べをするようになると、人間側が負ける」

という風に述べています。

何百何千万、億の手を読むコンピュータに対して、
人間は「大局観」や「流れ」を重視して戦うべき。
戦い方が違う、ということなんですね。

「如何に読まないか」が鍵とも言えます。
なんだか面白い。。。

先日、実家に電話して、子供の頃に使っていた将棋盤を送ってもらうように頼みました。
そんなに高いものでもないし、新しく買っても、もっと言えばパソコン使えば出来るから、無くてもよかったんですが。
幼少の頃から使っていたものというのは、想像以上に思い入れのあるもので・・・

やっぱり「盤」で指したい、という思いがあるんですよね。
その方が、集中力が増し、手も冴え渡ると思います。

デジタルとアナログ。
デジタルに極端に振れているように感じますが、
「そんな今だからこそのアナログ」というのが最近復活している気がします。

どちらも、その特性が最大限に活きるように使っていきたいものですね。

それではまた、メールしますね。

佐藤 友康

このメール配信を解除したい場合は下記URLより行って下さい。

http://abvom.biz/brd/88/gtdcoach/mail_cancel.php?cd=05Gw/ReZPNeA63

——————————————————-
<ブログ>

http://ameblo.jp/gtdcoach/

http://gtdcoach.net/

発行:佐藤 友康(サトウ トモヤス)
   早起き/朝活コーチ

問合せ:
sato@gtdcoach.net
——————————————————-

カテゴリー: ブログ パーマリンク