ツールは適材適所。

サトウです。

 

前回、話の流れでiPhoneについてお伝えしました。

せっかくですので、サトウのツール群をご紹介します。

 

ツールとは、あらゆる「道具」のことです。

ここで言うツールは、主にデジタルツールのことです。

 

サトウが保有しているデジタルツールは・・・

PC:MacBook Pro / Windows7 NotePC

携帯:iPhone 5

タブレット:iPad 3

 

です。

いつのまにか、apple製品が多くなってしまっています・・・

mac-iphone-ipad

役割で分けるツール

もちろん、それぞれに役割があります。

MacBook:ブログ/メルマガ執筆などウェブ関連全般、
GTDの基地、写真/動画の保存先(外付けHDD含む)

Windows7:オフィス系文書作成、バックアップ先、
その他Macではやりづらいことを担当

iPad:電子書籍リーダー、プレゼン・資料共有、将棋

iPhone:電話/音楽プレイヤー、GTDの携帯端末、wi-fiルータ、デジカメ

 

と、おおまかにはこんな感じでしょうか。

赤字がメインの機能です。

こうして見ると、iPhoneの担うところが非常に大きいですね。

 

それぞれの役割をきちんと認識する、

ということが重要だとサトウは感じています。

 

円を描こうとするときには、コンパスを。

線を引こうとするときには、定規を。

 

file0002083940065

 

適材適所

というやつです。

 

 

 

 

 

サトウがまだ出来ていないことは・・・

iPadでブログ更新出来るようにすること、です。

それが出来ていないのは・・・

 

デジタルツールの適材適所

それぞれのツールには特徴があります。

「いいとこ取り」して、上手く使っていくことが重要です。

 

iPadを買ったから、PCの役割を全てiPadに!

とかしてしまうと、逆に面倒が増えてしまうことが多いです。

 

選び方としてはこうです。

 1. 自分のしたいことは何か?を明確にする

 2. それに最適なツールは何か?を考える

 3. その通りに行動して、改善点を探す

 

 

例えば・・・

 

サトウは外出先でもブログの更新がしたいなーと思いつきました。

文字を打つ場合はPCがいいよな、と常々思っているわけです。

イロイロ試しはしたんですが、どうもiPadだとストレスになりました。

 

 

 

少し反れますが・・・

 

キーボードは偉大だと思います。

パソコンの文字を打つ方の、あのキーボードです。

 

file000312463323

 

 

 

 

 

 

 

慣れているから入力が早いし、

「←」「↓」とかですぐにカーソルを移動出来るのも良い。

 

iPadのソフトウェアキーボードをどうにも上手く使えないので、

文字を大量に書こうと思うとどうしてもPCがいいんです。

 

苦手意識だけかもしれませんが、
跳ね返りのないソフトウェアキーボードは辛いです。。。
画面をずっと見ていなければいけませんし。

 

 

サトウにとって、「文字はPCで入力する」というルールは、

完全に適材適所なんです。

 
なので、結論として、
「Macを持ち歩く」に今のところなっています。

 

 

しかし、本音としてはこの部分をiPadになんとか担ってほしいんですね。。。

軽いし、本も持っていけるし、充電は絶対切れないし・・・

 

というわけで、実践しつつも試行錯誤中で、改善中です。

 

何か良いアイディアが思いつきましたら、この場でお伝えします。

音声から文字を起こすアプリの精度の上がり方次第で・・・
簡単な手直しで済むのならもしかしたら・・・

 

 

 

もう1つの例をご紹介します。

GTDを実践したいとしましょう。

 

やはり文字を入力するので、そこはPCに担わせたいな、と思います。

さらに外出先でリストを見たいなーという願いは外せません。
外出先=携帯性=iPhone、となるわけですね。

 

PCで入力し、サーバを経由して同期し、

iPhoneで持ち運び、実行していく。

 

こんな方法は無いかな、とネットで調べるわけです。

まず、ルールありきです。

 

その条件を満たすものを探していくうちに、
「OmniFocus」というソフト(アプリ?)に出会いました。

Mac&iPhoneをお使いの方は、このソフトは便利ですよ。

(それについてはまた別の機会に。。。)

 

ですので、Macで入力、iPhoneで確認!
というツールの使いわけをすることになりました。

 

サトウの場合iPadは、ここでも帯に短し襷に長し、活躍の場がありません。

 

じゃあiPadはと言うと、電子書籍のリーダーとしての役割が主なんですね。

 

家の本を全て「自炊」したので、数百冊がアレに入っているわけです。

家の本棚が消えただけでも、その功績は大きい。

 

しかし、最近は持ち歩いていません。(^^;

図書館から本を借りることが多くなり、PC & 本 を持っています。

 

PC & 本、と言うとなんだか時代が戻ったような気がします。

 

しかし。

 

サトウの行動が「図書館の本を読む」になっているので、

必然的にiPadの活躍の場所が無くなってしまっているんですね。

 

読みたい本を読み終わったら、また出番が来ます。

それまでは一旦、将棋アプリとして寝る前の娯楽品に成り下がってもらっています。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

サトウの実態に沿って書きました。

こんな感じで、適材適所にツールを使い分けています。

 

 

あなたは、「適切なツール」を使えていますか??

 

不便さを無理に使っているようなことがあれば、

もう一度、何が適したツールなのか?を考えてみてください。

カテゴリー: GTD, ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>