停滞期を知れ。

中学のとき、サトウは剣道部でした。

 

もちろん最初は何も分からず素振りを、

次に防具を着ての練習となり、

徐々に「稽古」の練習になっていきました。

 

懐かしいです。
あの頃、もの凄く楽しかったです。

 

あなたの部活の活動、少し振返ってみてください。

 

 

停滞期が来る

しかし、楽しいのは最初だけでした。

次第に同じことの繰り返しに感じるようになり、
さして上達も感じず。。。
ストレスが溜まっていくようになりました。

 

その頃、一緒に入部した7人のうちの2人が辞めていきました。。。

せっかく入ったのだから、とサトウは続けました。

が、辞めて行ったヤツらが楽しそうなのを見ると少しは複雑な気持ちになっていました。。。

 

 

今になって分かるのですが、この状態はよくあることです。

曲線を描きながら成長していくそうです。
一気に上達し、停滞する。
そしてまた上達の機会がくる。。。

プラトー現象

スクリーンショット 2013-09-19 7.49.34

 

プラトーという停滞期が必ずあるのです。

この期間は、上達を感じられない。。。

しかし、そこを乗り越えたとき、

次のステージに行けるようです。

 

 

 

大切なのは、
プラトーの存在を知っておくこと
プラトーに入ったときに焦らないこと

です。

 

覚えたてはとても楽しく、一定の結果が出るだけに、
停滞期は辛いものです。

しかし、予めそれを知っておけば、
対処はしやすくなります。
あなたも、新しいことを始めるときに、
プラトーの存在を認識しておいてください。

 

カテゴリー: 習慣化 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>