早起きの習慣を作るまでの道のり ②気づき

サトウです。

早起きの習慣を作るまでの道のり、ということで、
今回は2回目です。

前回の記事はコチラです。

前回をぜひ、読んでみてくださいね。

ーーー
7時前に着く電車なら、余裕で座れる。

いや。
座れるだけではないことに気づきました。

・本/新聞/雑誌を読める
・iPhoneに入れた動画を見れる
・将棋を指せる(アプリ)
・考える

書いたり、ネットを使ったりは不自由するけど、
それ以外の一人でやることは、大概出来る。

変えたことは、朝、早起きするだけ。
「疲れるだけの通勤時間」だったハズの時間で、
やりたいことが出来る。

もう1つ気づいたことがあります。

自分が「早い」と思っている通勤時間だとしても。

その電車に乗っている人がいる。

それを当たり前にしている人がいる。

彼らは、彼らなりの「時間の使い方」を実践していました。
きっと、有意義な行動パターンなんだと思います。

見習うべき人は、身近にこんなにいるんだと気づきました。


次回に続く。

カテゴリー: 習慣化 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>