早起きの習慣を作るまでの道のり ⑤分析

サトウです。

早起きの習慣を作るまでの道のり、ということで、
今回は5回目です。
もう5回目か・・・と自分でも少し驚きです。

1回目の記事はコチラです。
2回目の記事はコチラです。
3回目の記事はコチラです。
4回目の記事はコチラです。

ぜひ、読んでみてくださいね。

ーーー

挫折しました。。。
そして、「自己信頼」がすり減って行くのを感じました。

完全に停滞期でした。
後ろ向きな停滞。停滞と言うか、はたまた下降か。

でも。。。
あるときにまた、このままじゃいかんだろ!と思う日が来ました。

そうなんです。
分かっちゃいるけど続けられない。

その「分かっちゃいる」部分担当のサトウが、
「続けられない」部分担当のサトウに訴えかけてくるんですね。

 (分かっちゃいる部分担当のサトウ、偉いヤツです♪)

挫折から逃げるのではなく、
挫折の原因分析、その対策を打たねばならぬ。

なんとなく直感的に、そう感じました。

では、直接的な原因は何だったのか?

 ・東西線の早起きキャンペーンの終了
 ・風邪

おそらく、表面的なものはこの2つ。
もう少し深く掘り下げる必要がありそう。

考えてみると、この2つはどちらも外的な要因な気がしたんです。

キャンペーンはいずれ終わることは分かっていたハズ。
これをモチベーションにしてはいけなかったんです。

きっかけ作りにはもちろん有用ですが、
頼りにしすぎていたのかも。

習慣化には3ヶ月かかると言われます。

習慣が固まる前に終わってしまうものに頼ると、
今回のようにダメになりがちなんじゃないか。

そんな仮説が浮かびました。

もうひとつ、風邪。

ある意味では仕方のない部分です。
そういう意味で、風邪も外的な要因だなぁと。

風邪をひかないように気をつける・・・?
風邪に負けない強い身体を作る・・・?

理想ですが、これじゃあ根本の対策にならないような。。。

風邪をひかないように、ではなく、
風邪が治ったときにどうするのが良いのか。

・・・!!!

サトウは、定時間際か7時出社か!のデジタル思考でした。

風邪が治った次の日、朝起きて時計を見る。
するともう7時出社には間に合わない時間。

「あーもういいや、もう少し寝よっと。」

あっという間に睡魔に奪われる、無くなる士気。

こんなに極端すぎるのには理由があります。

風邪のときには終わっていましたが、
先ほどの東西線の早起きキャンペーン。

3ポイントだと7時前の出社ぐらいなんです。
1ポイントだと7時半出社ぐらい。

あとは7時45分だろうが「0」ポイント。

どうせ「0」なら定時間際で良いじゃん
っていう意識になってたんです。

早起きキャンペーンが続いていた2月末まででも、
ちょっと寝坊したときはありました。

そのときも、3ポイントがダメなら、
1ポイントの一番遅い電車
に乗れる時間に行ってました。

1ポイントの一番早い電車はなんか悔しい。。。

こんなにポイントに振り回されるってどうよ、
ってのはありますよね。。。
でも「そんなもん」だったんです。

徐々に早くするとか、いくらでも方法はありそうですよね。

習慣化には、急すぎる変化をかけないことが重要です。

筋トレでも、急に重すぎるものは持ち上げられません。
出来たとしても、筋肉や筋を痛めます。
徐々に徐々に。しかし着実に。

人間、意志だけではそうそう変われません。
一歩一歩、着実にすることが必要なんですね。

緩やかに負荷をかけていけば身体も慣れてきます。

こんなことを考えていくうちに、
もう少し戦略的に早起きする計画を練ろう

ということにしました。


次回に続く。

カテゴリー: 習慣化 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>