早起きをすれば○○○○がUPする

前回、微妙な遅刻で信頼を下げる、ということをお伝えしました。
(ちょっと怒りモードが入っていたような文章になってしまいました・・・)

しかし、そんなことで怒っても何もプラスになりません。

反面教師にしてみましょうか。

 

早起きすると上がる時間感度

ささいな遅刻をする人は、「時間ギリギリ」に着くように行動します。
ちょっとしたトラブルですぐに影響を受けます。

遅刻したり、
遅刻して謝ったり
遅刻しないようにダッシュしたり。
(息切れしたり、汗をかいて見た目の印象が下がります)

 

時間に余裕が無いから、心の余裕がなくなっているんですね。

 

早起きして時間に余裕のある我々は、早く現地に着くことをやってみましょう。

すると、どうなるか。

 

遅刻は絶対にしない。
遅刻しそうになることもない。
ダッシュとも汗とも無縁です。

 

自分にとって大切なことをやる時間を作りましょう。
他にも、本を読んだり、やることリストを確認することもできます。

 

朝にこういう余裕があれば、いつも余裕がある時間の使い方が身についてきます。

時間が余って困る、ということは無いです。

 

打ち合わせの前であれば、早めに着いて資料を再確認をすることも出来ます。
本を読む時間にも使えますよね。

 

スキマ時間を上手く使うことも、GTD実行にも有効です。
メールの返信などの細かいタスクをこなしたり出来ますね。
やることリストを見直したり、「収集」したり。GTDシステムを最新にしてもいいですね。

 

このように、時間を上手く使う方法、
言うなれば「時間感度」を上げましょう。

file8191271425968

 

 

 

 

 

 

 

早起きで身につける、
「早めに行動する」という習慣。

あなたにとっても、プラスとなること間違いないと思います。

 

社会人として当たり前のことかもしれません。
しかし、当たり前のことを当たり前にやる難しさは多くの人が伝えている通りです。

 

プロとして。
当たり前のことを出来ない人は、勝負の土俵にすら上がれません。

 

当たり前のことを当たり前にやりたいものですね。

カテゴリー: 早起き パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>