自分を客観的に見る方法

歪みを検知する・・・という記事を書きました。

 

歪みと言えば、自分では気づきにくい物もありますね。

嫁が定期的にカイロプラクティックに行っているのですが、

毎回、ぐったりほぐされて帰ってきます。

 

サトウはまだ行ったことが無いのですが、興味津々です。

file4041281013594

 

 

 

 

 

 

 

 

他人のことはよく見える

自分を客観的に見ることが出来ればいいのですが、

どうしても主観が入ってしまうもの。

 

カイロのように、専門の人に見てもらう、というのは客観的に見れる方法です。

 

自分の身体は自分が一番よく分かる、という人もいるようですが、

継続的に専門家に見てもらうことは、より客観的に見る方法として有効です。

 

 

専門家でなくても、誰かにチェックしてもらうのは有効です。

資料を他人にチェックしてもらい、自分では気づけなかったミスを指摘されることがあるでしょう。

 

習慣作りにしても、「第三者の目」を入れることで、グッと成功が近くなります。

1人でやらずに、周りを巻き込んでいきましょう。

カテゴリー: 習慣化 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>