19年前の「地下鉄サリン事件」を振り返る 

3月20日。
今日は何の日か、ご存知ですか??

今日は、あの「地下鉄サリン事件」があった日です。
今から19年前の1995年、霞ヶ関駅での事件です。

あの頃はまだ10歳、宇都宮の小学4年のサトウ少年にとっては、
なんだか実感の湧かない、遠くの世界で起こった事件でした。
父の弟、サトウから見ての叔父が、当時霞ヶ関で働いていて、
サトウ家でも「恐ろしい事件」だったにもかかわらず、です。

あれから時が流れ社会人になり、地下鉄で通勤している今となっては、
どれほど恐ろしい事件だったのかを改めて理解できます。
サトウ自身や身近な人も巻き込まれる可能性があると思うと、
非常に怖いですし、ホントに他人事ではなくなります。

しかしサトウがこの事件を思い出したのは、
今朝のニュースを聞いたから、です。
恥ずかしながら、完全に忘れてしまっていました。

今でも後遺症に苦しんでいる方もおられるのに。。。。

とはいえ、思い出したこの機会。
何かここから得ること、自身のタメになることはなんだろう??

・・・・

イザというときの避難経路を調べておく
満員の時間帯を避ける
マスク・ハンカチは必需品

・・・ぐらい??
・・・すみません、これぐらいしか今思いつきません。

あなたは、この事件からどんなことを得ますか??

過去を振り返り、明日への糧にする

あんな事件、実際に起こったら間違いなくパニックになります。
出来る限りそれに備えておくことが何より重要です。

もちろん「備える」という行為は、事件に限らず災害でも同様ですね。

10日ほど前は大地震から3年の節目でした。

今日も平和に過ごせることを感謝するとともに、
今一度、「イザ」というときに備えるタイミングにしましょう。

ーーー
事件概要についてはwikipediaなどネットで簡単に調べられます。
ご興味あればぜひみなさんも一度、思い返してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: ブログ パーマリンク