時間密度を一気に上げる方法

やる気はあるのに、時間が出来たらやろうと思っているのに、

いよいよ時間が出来ると特に何もせずにボケッと過ごしてしまう。。。

 

そのうえ、あったはずの時間がいよいよなくなりかけると、

最後の1時間2時間ぐらいは頑張ってやろうとする。

 

サトウはそんなグータラな人間でした。

今思い返しても、あまり気持ちのいいモノじゃありません。。。

 

あなたは、そんな経験はありませんか・・・??

 

 

時間は膨張する

大学時代、友人に言われたことが頭の中に今でも残っています。

 

「時間は膨張する」とのこと。

 

それは、こんなお話でした。

おばあちゃんは、遠くに住む可愛い孫に向けて手紙を書くのを楽しみにしています。

ある夏の日は、午後の昼下がりの2時間を使って、手紙を書いていました。

一方、ある秋の日は1日中予定が無かったのですが、1日中手紙を書いて過ごしていました。

file0001806948506

 

人間は、時間が余っていると余っているなりの行動になる、というのです。

 

当時は、時間を余らせるなんて・・・と思っていました。

が、それはその人の価値観なので、誰も何も言えない、と気がつきました。

(時間貧乏なサトウが、グータラが好きじゃないだけです)

 

 

友人の話はここまででしたが、サトウなりの真意は違うところにありました。

「やるべきこと」が決まっていないとき、時間は膨張する

 

というものです。

先のおばあさんの例も、2時間しか時間が無いとき(=後に他の予定があるとき)は、

その範囲で出来る最大限をやるハズです。

 

手を抜くつもりなんて、サラサラない。

2時間あれば、集中して実行して、
2時間でのMAXのものが出来上がる。

 

翻って、サトウの例を思い出すと。

時間が無くなりかけたときに焦ってやるという行動。あれは・・・

やりたいことを自分が満足するまでやりためには2時間必要、

というのを感覚的に知っているんです。

 

逆に言えば、2時間の範囲のことが出来れば満足する、ということです。

それは、つまり・・・

 

 

 

続きは、次回のタスク管理でお伝えします。

 

カテゴリー: ブログ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>