努力の方向性を変える必要性に気づく

昨日はジムに行ってきました。
いつも行く休日よりは空いていて、
快適に2時間ちょいの運動が出来ました。

やっぱり、運動は気持ちいいですよね。
適度な汗をかくのも大切なことだと思います。

・・・しかし。
実はここ最近、少し伸び悩んでいます。

何かというと、「筋肉量」です。

ジムに通い出して半年強、順調に脂肪と体重は落ちているんですが、
一方で目標にしている「筋肉量」が増えない。

サトウ自身と同じような体型の人と比べても、
平均値未満・・・しかも足も腕も体幹も全て・・・
当初から筋肉を増やしたいのを目標にしていたのですが、
一向に増えない・・・

悔しい。
ランニングも筋トレもサトウなりには頑張っているつもりで、
家での筋トレを始めて1ヶ月ぐらい経つのに。。。

前回のジムのときに、トレーナーにこの状況を話しました。
すると、

「タンパク質は取れてますか??

全く食事を気にしたことがないサトウ。

聞いてみると、おそらく食事をちょっと気にすべき、とのこと。
筋トレと食事の重要度は同じぐらい高いから、
本気で筋肉を付けるつもりなら食事も気にすべき、とのこと。

いやぁ、自分だけでは分からないもんですね。。。

食事も重要、というのはなんとなくわかっていても、
実際にプロのトレーナーに聞いてその重要性を再認識させられると、
後の行動が変わってきます。

そして昨日!
始めて、「ちゃんと食にも気を使いつつの筋トレ」
をしてきました。

一朝一夕での効果は期待できないと思いますが、
これをどんどん続けて行こうと思います。

成果が出たら、またお伝えしますね。

あなたは、「行動していても成果にならない」といった経験はないですか?
もしかしたら、努力の角度を少し変える必要があるのかもしれません。

カテゴリー: ブログ タグ: , , パーマリンク