春先の被害を最小限にする「花粉症対策習慣作り」とは?

2月も後半に入り、徐々に暖かくなってきましたね。

金曜までは比較的暖かく、土曜からはまた少し寒くなるんだそうです。
三寒四温を繰り返し・・・
春はきっとすぐそこです。

暖かくなるに連れて、「花粉」がもう飛び始まっているようですね。

職場の後輩がひどい花粉症で、すでに辛そうです。
嫁も花粉症なので、マスクは手放せないとのこと・・・

今のところ症状無しのサトウにとっては、
あまり実感がないというのが正直なところですが。。。

花粉症の方、なんとか乗り切ってくださいね。
今日は、「習慣化」の観点からひとつアドバイスしたいと思います。

beeandflower

花粉症対策を習慣にする方法

例えばサトウが、「花粉症対策」をしようと思った場合。

  • 予防のためにマスクをする
  • 帰ったときの洗顔をする
  • 玄関先で花粉を払う

などがありそうです。

 

実際に症状が出ている人は、
「注射」とか「飲み薬」もあるかもしれませんね。

これらを「習慣」としてするために、以下の2点に着目してみましょう。

1.既にある習慣とくっつけられるか??
2.忘れないような仕組み化ができるか??

例えばこんな具合です。

寝る前の翌日の準備で、マスクをカバンに入れるor机の上に置いておく
歯磨き後に飲めるよう、薬を洗面台に置いておく
(既にある、翌日の準備・歯磨きという習慣とくっつける)

持ち物リストに「マスク」と書いておく。
家に着いた時にアラームがなるよう仕掛け、洗顔・花粉払いをリマインドする。
あるいは、玄関先にメモを書いておく。
(忘れないよう、仕組み化しておく)

・・・と、こんな具合です。
花粉症が酷い方は自ずと出来るかもしれませんが、
サトウのような「症状のない人」は忘れがちです。
(そのせいで、家族が辛い、という状態だってあるわけです)

なので、そういう自覚症状のない人こそ、
習慣化を心がけてほしいと思います。

最初は、仕組みを作って、それに従って行動する。
繰り返していくうちに、徐々に出来るようになる。
そして、3週間も続ければ、習慣として定着していきます。

 

もう一度言いますが、
定着するまでは、

忘れないように仕組みを作ること

が何より大切です。

今回は花粉を例に挙げましたが、
もちろん、いかなる習慣化についても同じことが言えます。

ぜひ、みなさんも、
「何か新しいことを始める」といった場合。

まずはどうやって仕組み化するかを考えてみてくださいね。

カテゴリー: ブログ タグ: , パーマリンク