脳を目覚めさせる小さな質問 

消費税が8%になりました。

増税以降の買い物は昨日が初めてだったのですが、
ちょっと”違和感”がありますね。

税込表示だったのが税抜きに変わっていたり、
そこから×5%じゃなくて8%か・・・と、
ちょっと考える必要がまだあります。

サトウは小さい頃にソロバンをやっていたおかげで、
暗算は好きです。
「なんでもついつい計算する」ような習慣になっています。

車のナンバープレートの4文字を たしてひいてかけてわって、
「10」を作ることに喜びを感じるような子供でした。
(今でもたまにやったりしますが・・・)

そんな計算の本が出ていることを最近知って、
「なんだ似たようなことをやる人もいるもんだな」と感じました。

 

さて。また、良著に出会った予感がします。
まだざっと読み&最初の70ページぐらいなのですが、
いい感じです。

後日紹介すると思いますが、今日は気になった一文だけご紹介します。

脳を目覚めさせる質問をせよ

というものです。

くだらない質問であっても、
何度も繰り返し質問をすれば、
脳はその質問に注意を向けて、
答えを出そうとする。

たとえば、会社のほとんどの人が車で通勤するとして、

同僚にこんなことを尋ねてみます。

「駐車場で、君の車の隣にとめてあった車が
何色だったか覚えてる??」

最初は、「覚えてない」と答える同僚も、
翌日・翌々日・・・と何度も繰り返していると、
その質問のことが頭によぎって、色を覚えてしまうようになる。

 

質問は脳を目覚めさせ、喜ばせる。

 

なるほどなぁ、と感じました。

体感的に分かること、伝えたいと思っていたことを、
ズバッと言ってくれています。

考え方・習慣を見直すときにも、
こんな風に「質問」を取り入れるのが有効ですね。

 

「ランニングを習慣にするために、
自分に出来る小さなステップはなんだろう??」

 

うん、いい質問な感じがしますね☆
ぜひ、みなさんも「小さな質問」を取り入れてみてくださいね。

 

えっ?
何故、「小さい」質問がいいのか?
それはまた、この本の紹介のときにお伝えします。

お楽しみに☆

カテゴリー: ブログ タグ: , , , パーマリンク