アクティブ・リーディング ~記憶と記録~

サトウです。

このごろ、朝は寒いですね。
今日は雨も降っていたのでひとしお・・・ですね。
もうすぐ春とは言え、まだまだ冬の寒さです。
みなさんも、体調管理にはお気をつけくださいね。

さて、今日は「記録」についてお伝えします。

記憶と記録

サトウの会社では、「社内ライブラリー」なるものがあり、
本の貸し出しをしてくれています。
去年の10月からそれが始まって、サトウもよく利用します。

昨日ふと、「今までどのぐらい借りたっけ?」ということが気になり、
貸し出しの記録をまとめてみました。
(貸し出しのときにメールで送るので、後追いが出来る仕組みになっています)

すると、10月から今まででちょうど20冊。

こんなに借りたか、とちょっと嬉しくなりました。
反面、「あれ、この本の内容、どんなんだっけな・・・」
と思うタイトルの本が少しありました。

それなりに読んでるつもりで、
面白い本は覚えています。
つまらない本も、覚えているものです。

忘れてしまっていたのは、

なんか良いこと書いてあった気がするけど、
そこまで印象に残っていない本

でした。

Green Apple on Books

半年もたたないうちに、こんな状態です。
やはり、記憶は曖昧

それと同時に思ったのが、
「ちゃんと記録付けておけば良かったな・・・」ということです。

朝の電車で本を読む習慣を身につけてしばらく経ちますが、
特に記録をつけることはありませんでした。
良いフレーズは読み直したり、
素晴らしい本に付いてはメルマガで共有するぐらいで。

それでも今振返れば、ある程度のアウトプットにはなっています。

でも、どうせ読むなら、
もっと意味のある読書にしたい!
ということで、始めます。

「アクティブ・リーディング」

意図を持って読み、意図を持ってアウトプットする。
そしてそのためにまず必須なのが「記録」すること。(だと思う!)
まずは、読んだ本・読んだ時間・感想をまとめるところから始めていきます♪

新しい習慣のスタートは、ワクワクします。

あなたも、ぜひ一緒に、新しい習慣を始めてみませんか??

同時に、「効果的な読書」でもし何か良いアイディアがあれば、
ぜひ教えてくださいね。

カテゴリー: 「始める」力 タグ: , パーマリンク