人生がグッと楽になる、習慣化の5つのメリット

日々の活動の積み重ね、それが習慣の正体です。

しかし「習慣を作る」とはどういうことなのでしょうか?
そして「習慣を作る」ことのメリットはどこにあるのでしょうか?

 

今回は、「習慣化」を行うことでの具体的な5つのメリットをお伝えしていきます。

この記事を読むことで、あなたの習慣化への行動に深い納得感を得ることが出来ます。
納得感があることで、具体的な行動がスピードをどんどん増していきます。

習慣化のメリットは大きく5つ

「習慣にする」というのは、きちんとした手順を踏めば、そんなに大変なことではないです。
ですが、ある程度の期間、続けないと習慣にはなりません。

習慣が作れない理由のひとつには、
それを習慣にするメリットがちゃんと腑に落ちていない、ということがあります。
「なんとなくいいよね」では、動機が弱いんです。

自分自身にとって、こんなにいいメリットが得られる!
じゃあやらない理由がないだろう!やるしかない!!

この状態になれば、習慣なんてすぐに出来ます。

 

ここでは、5つの習慣化のメリットをお伝えします。
きちんと理解することで、新しい習慣作りにお役立てください。

 ①労力が最小になる

 ②時間が短縮される

 ③芯の通った「軸」が作られる

 ④確実な成果が生み出される

 ⑤自信が積み重なる

 

ひとつずつ、見ていきましょう。

Message Stones

 

 

習慣化のメリット①労力が最小になる

習慣化を行うことで、労力が最小になります。
一番大きなメリットはこれです。

もっと言えば、最初は試行錯誤して辛いながらも頑張ってやったことが、
考えずに当たり前に出来る状態になれるということです。

 

お風呂に入ったり、歯を磨いたり、
すでに当たり前になっている習慣を考えてみればわかることですが、
労力はほぼ無い状態で行動できていますよね。

習慣になっている、とはこういう状態が理想的です。

 

では何故、習慣にすると労力が最小になるのでしょうか?

 

労力が最小になる理由①すでに経験があるから

経験というのは非常に大きな武器です。
1回でもやったことは、2回目は気持ち的にもラクになりますし、
30回繰り返したことは、31回目は当たり前に出来るようになります。

感覚的に、ご理解いただけると思います。

 

逆に、新しく何かを始めようと思った時のことを考えるとすぐ分かります。

例えば、ブログを始めよう。
メルマガを始めよう。
何かセミナーを開催しよう。

最初の一回というのは、とりあえずめちゃくちゃシンドイと感じるものです。
何故なら、経験がないから。
経験が無いと、漠然とした不安を感じてしまうから。

・そもそも何をすればいい?
・具体的にはどのようにすればいい?
・どこまですれば完成となる?

 

0を1にするところは、一番大変なんです。

逆に、1を2にするところは、 そこまで大変ではないです。
最悪でも、0を1にすることを2回やればいいだけだから。

「こうすれば出来るだろうな」がわかっているから。

 

習慣化で労力が最小化できる理由は、
すでに経験があることを重ねていくから。

 

労力が最小になる理由②必要なツールが完全に揃っている

①とも関連しますが、何度も経験していくうちに、
必要なツールは自然とそろってきます。

ブログなら、パソコン・ブログサイトのID・htmlタグの挿入方法・画像素材・・・
最初には持っていなかったものが、徐々に集まりだしてきて、
あとは「記事を書くだけ」の状態になってきます。

 

習慣になっていれば、そのツールがパソコンのどこにあって、
どういう順番で使っていくか、ということも身についてきます。

間が空いてしまうと、またサイトをいろいろを調べながら・・・となってしまいます。
また調べながらに戻ってしまうと、辛い。
完全に身体に染み込むまでは、抜けやすいものです。

 

英語なら、本・ノート・電子辞書・そして自分のこれまでの知識。
あとは「学ぶだけ」の状態になっていきます。

英語のように知識のものは特に、一度サボるとすぐに実力が下がってしまって、
もう一度始めようと思ったときも、前のレベルに戻すところからスタートになりがち。

少しずつでも継続していくことが重要です。

 

 

労力が最小になる理由③何をどうすれば完成(終了)なのかが分かっている

例えば、ブログを書くのを習慣にしようと思った時にも、
「書く」ってどういうことなのか、
「書き終わった」とはどういう状態なのか、鮮明には頭に浮かべられないと思います。

本当の細かい単位で見れば色々とタスクはあるわけです。

 

・何を書くかを決める
・伝えたいことを決める
・アウトラインを決める
・導入を書く
・本文を書く
・締めのまとめを書く
・タイトルを決める
・文章のてにをはを直す
・画像をつける
・文章の装飾を施す
・過去記事とのリンクを貼る

・・・などなど。

 

習慣化をしていくことで、無意識にこれらのタスクを
一連の手順でこなしていけるようになります。
「完成した状態」がどういうものなのか、
すでに具体的なイメージが頭の中で出来ているので行動も早いです。

「あ、そうだ画像つけたほうがいいね!まずはダウンロードしなきゃ!」とか、
いちいち考える必要がない。
当たり前のように画像フォルダから、写真を載せることをしている。

 

完成図が鮮明になり、それに沿った行動を自然と取れる。
それが習慣化することで、自然と自分自身の中に入ってきます。

習慣化することで、完成図とその道筋を考える労力を省くことができるんです。

 

「思考」と「実作業」を可能な限り分けること。

これも、習慣化のポイントのひとつです。

digitalart4

 

 

習慣化のメリット②時間が短縮される

メリット①でお伝えしたように、労力が下がるということは、
必然的にそれにかかる時間が短縮されますよね。

あるいは、同じ時間をかけるなら、より質がくなります

 

ブログを書くのを習慣にしよう、と思ったとします。

これから最初の一記事を書く人とこれから100記事目を書く人であれば、
間違いなく後者の方が短い時間で、しかも質の高い記事をを書き上げることが出来ます。

これまでに99記事仕上げてきているので、
迷いなんて無いわけです。

淡々と、当たり前のように作り上げていくだけ。

画像であれば、どの写真を使おうかを選ぶだけ。
文字の装飾であれば、どこにどう装飾するかを決めるだけ。

 

ところが、最初の一記事を書く人の場合は、

・どうやって写真をiPhoneから入れようか
・どのサイトから使える写真をダウンロードできるんだろうか
・文字の装飾はどこのボタンでやるんだろうか
・そもそもどんな装飾にしようか

・・・と、考えながらの作業になってしまいます。

 

ふたりの違いは、たったひとつ。
「経験の数」のみ。

経験によって、「考える」ことがどんどん減るんです。

 
習慣化によって、短い時間で高い成果を上げることが出来るようになります。

 

 

習慣化のメリット③芯の通った「軸」がつくられる

ブログを例にあげてきましたが、100記事以上も書いていると、
自分らしさ・自分の納得のいく記事がどういうものかが分かってきます。

これが自分自身を外に表現する、「軸」のようなものになってきます。

 

この「軸」というのは、ブログの習慣化・・・のような行動ではなく、
思考習慣や言動習慣が身につくと、より自覚できます。

※習慣の種類については、また別の記事をお読みください

 

簡単に言うと、ある情況が与えられたときに、
 どう考えるか(思考習慣)
 何を言い・どう行動するか(言動習慣)
ということです。

 

分かりやすい例からいうと、言動習慣を身につける例でしょう。
口癖を変えることで、自分自身の行動・思考を変えることができます。

これは私も私のクライアントさんも、非常に効果を感じているものです。
ちょっと考えてみてください。

 

誰かに親切にされた時、あなたは何と反応するでしょうか?

 

 すみません

 ありがとう

 

さて、あなたは、どちらの言葉を選びたいですか?

 

どちらを選ぶのはあなた次第ですが、今の私なら「ありがとう」を選びます。

昔の私は、ついつい「すみません」だったと思うんですが、
よくよく考えたら「ありがとう」の方が、
相手への感謝を伝えられると思ったからです。

 

親切にされたときには「ありがとう」を言う。

ということを、意識してでも100回繰り返せば、あなたはそういう人になります。
その頃には、自然に「ありがとう」が出てくる人になります。

これが「軸」になっていくんですね。

 

同じように、思考習慣

ある事象をどう捉えるか、というのは、
これまでにどういう思考を重ねてきたかで変わります。

例えば、難しい・厄介そうな仕事を任された時。

 

面倒臭いな、なんで俺にばっかり・・・なんで俺がこれをやるんだろう。

これはチャンスだ、これを達成すれば自分がまた成長できるぞ。

 

どっちで考える人になりたいでしょうか?

 

どちらでもいいんです。
大切なのは、あなたがどうなりたいかです。

なりたい自分に近いような言動、思考はどちらか。

 
難しい・厄介そうな仕事に100回にチャンス!と思うようにすれば、
自然と「チャンス!」と思えるあなたが出来上がります。

こうして「軸」が作られていきます。

 

意識して、習慣を重ねていくことで、
それがあなた自身に入り込んできます。

最初は違和感があるかもしれません。

が。それでも。

 

100回の感謝に100回「ありがとう」を言えば、
感謝に対して「ありがとう」と笑顔で答える言動習慣、はあなたのもの。

100回の難題に100回「チャンス!」と思うようになれば、
難題をチャンスと捉えて楽しみながら仕事をする思考習慣、はあなたのもの。

 

習慣が、あなたの軸を作っていくんです。

 

 

習慣化のメリット④確実な成果が生み出される

成果を生み出すのに必要なことは何でしょう?

 

どれだけ多くの行動を取れたか、が要素の一つにあることは疑いないでしょう。

「ブログの読者を増やしたい」であれば、良質な記事をどれだけ書いたか
「TOEICスコアを800にしたい」であれば、どれだけの学習をしたか
「中小企業診断士の資格を取りたい」であれば、どれだけの学習をしたか

いずれにせよ、目標に向かって一定の時間数を費やす、というのは必要な要素です。

 

習慣にするということは、継続的に行動を取るということです。
しっかりと目標を定めて、自分の状態をコントロールして、
着実に一歩ずつ、歩みを進めていくことです。

行動の積み重ねは、時間という観点でも確実に積み上がっていきます。

 

成果が出ないから、という理由で止めてしまう人がいます。
が、逆です。

止めてしまうから成果が出ないんです。

 

何かを上達・達成するためには、成長曲線のカーブをたどります。
最初は新しいことをやるので楽しく、自身で成長を感じられて、
モチベーション高く、行動が楽しい時期が最初にあります。

が、その後に、いくらやっても成長が実感できない時期があります。
プラトー(踊り場)と呼ばれる時期なのですが、ここはやっぱり辛いです。

プラトーを抜ければまた、次の成長のカーブに入っていきます。
これは間違いないことなのですが、
プラトーの辛い時期に止めてしまう、という人がいます。

非常にもったいないのに。

 

これを読んでいるあなたは、ぜひ、習慣を身につけて、
プラトーを抜ける方法を身につけてください。

スクリーンショット 2013-09-19 7.49.34

確実に積み重なるものを指標にする

習慣を作り、継続行動を取れば、
成果ではなく、行動時間という指標でも計測出来るようになります。

ブログだったら読者を1000人にする、という目標。
これは、読者ひとりひとりの行動なので、確実に積み上げることは出来ません。
1000人がちゃんと読んでくれてるかも分かりません。

確実に積み重なるものとは例えば、
記事を100本書くとか、100時間をブログに当てるとか、
自分自身の行動の目標を立てることが出来るようになります。

 

成果を出すのに躍起になることが大切な時期もあります。

が、自分が正しいと思ったことを続けることで、成果が生まれます

 

ある程度長いスパンで目標を立て、
それに沿って出来た行動をカウントしていくことが出来るようになれば、
成果はまだ出ていないにしても、確実に近づいています。

そしていつか、プラトーを抜けて成果が出るときがきます。

file00032808764

 

習慣化のメリット⑤自信が積み重なる

最後は、「自信」です。
自分をどれだけ信じることが出来るか。

そしてその自信の裏づけとなるのが、
「これだけのことをやってきたぞ」という自負です。

 

毎日、毎日、確実に続けてきたことがある、
しかも、行動を積み重ねて結果も出していた。
恐れることなんて何も無いわけです。

習慣化をすれば、確固とした自信が生まれます。

 

自信がもし今、無いんだとしたら、
習慣化の記録を付けることを始めてみましょう。

あとから見返して、1ヶ月前・3ヶ月前・半年前・そして一年前。

過去の自分と比較して、その期間でどれだけ成長したかを、
ちゃんと時間をとって振り返ってみましょう

続けていれば、必ず成長しています。

 

着実な成長を感じ、自信を積み重ねることで、
新しいのステージにも登れます。

今の行動にも確信を持って取り組めるので、スピード感も増してきますよ。

 

自信のある人に、他人は惹きつけられます。

 

 

終わりに・・・

いかがでしたでしょうか?

 

「習慣化をしよう」と思ったとき、最初に必要なのは、
習慣の持つメリットを明確に理解して腑に落とすことです。

なんとなく・・・ではなく、
正確に、確実に理解し、腑に落ちた状態にすること。

そこさえできれば、習慣化を自分のものにするのは近いです。

 

まずは、この記事をもう2回ぐらいお読みいただき、
確実に理解し、腑に落として欲しいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリー: 習慣化 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>