脱・IT化で見えてくるもの 

昨日は朝活の勉強会に行ってきました。

昨日のテーマは、「脱デジタル化」というテーマでした。

スマホ全盛のこのご時世ですが、
脱デジタル化、脱スマホ!という取り組みがあるようです。
スマホによって生じるコミュニケーション不足を危惧した会社が、
そんな取り組みを始めて効果を上げているんだそうです。

サトウは全く知らない話だったので、
いつも以上に興味を持って聞き、考えました。
(IT系の企業にいるからこそ、見えないことなのかもしれません)

取り組みとしては、こんな例があるそうです。

  • スマホを解約したら、月5,000円支給
  • 社員300人に対し、手書きでの週報提出を命じ、
    全て社長が目を通してコメントを入れて月曜朝までに返す
  • 営業マンのPCを取り上げる、代わりに専門の人を営業マン5人に当たり1人つける
  • 9時出社の会社だが、PCの電源が入るのは10時から。かつ18時まで。

どの会社も、ITに弱いというわけではなく、
むしろ元々はITに長けていた会社です。
それが、脱デジタル化することで、より一層売上を伸ばしているんだそうです。

驚いた施策ばかりでした。
効率化、効率化!という時代が収束に向かっているのでしょうか。

一番驚いたのが、1988年と2013年の労働生産性です。
IT化が進んで一気に加速したのかな、というイメージがありましたが、

・・・

たいして変わっていません。

1988年に638万円/人 だったものが、
2013年に660万円/人

わずかにこれだけ。。。
うーむ、と頭を唸らす内容でした。

この辺の情報を入れて、
「では、今後はどうなるか?どうあるべきか?」
というディスカッションをしてきました。

非常に面白い朝活勉強会でした。

digitalart

スマホは「ただのツール」でしょ!

正直な感想としては、スマホの普及が進んだことで
「コミュニケーション不足」が起こっている実感はありませんでした。
が、周りの人の話を聞くとどうもそういう感覚だそうです。

言われてみれば、ご飯食べながらスマホしてる人も、
見かけるような気もしますよね。
ワイワイご飯食べるよりも、スマホでゲームを選択する人もいるんですよね。

メインの話題ではありませんでしたが、
サトウの実感としては、

スマホに振り回されている

という感じを受けることもあります。
そういう人を見かけることもあります。

メール、Twitter、Facebook、Line・・・
何かあるたびにスマホが振動して通知してきて、
ついついそっちに意識を持っていかれる・・・

そんな経験ありませんか??

プッシュ通知は便利な機能ですが、
反面、集中力を奪うという点も忘れてはいけません。

しかし、そんなことは誰も教えてくれないのです。
自分で考えて、自分にあるべき状態にするしかない。

スマホは非常に自由で便利な反面、使い方も個人に委ねられています。
ぜひこの機会に、「有効に活用すること」をもう一度見直してみてくださいね。

ちなみにサトウが心がけているのは、
「余計な通知はさせない」
ということです。

iPhoneを使っているのですが、
メッセージ、メール、Twitter、Facebookは、鬱陶しいので全て通知切ってます。
自分の自由な時間に、自分で選択して「見る」ということをしています。

急ぎは電話で。(と周りにも言っている)
家族とはLine。

そんな風に使い分けるのも、有効です。
もちろんこれが全員にとっての正解ではありませんよ。

何かのご参考になれば幸いです。

カテゴリー: 早起き講座 タグ: , パーマリンク