PDCAサイクルでは行動は起こせない

サトウです。

PDCAサイクルって、ご存知ですか?

システムエンジニアの世界では、
よくPDCAサイクルというものが出てきました。

管理業務を以下の4つの切り口にわけて、
これらをぐるぐる回して改善していく、というものです。

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する
Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う
Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする
 (From Wikipedia)

必要な作業が網羅されていて、
これで改善業務は出来ていました。

でも・・・
やはりあくまで管理業務向けの手法。

サトウも試してみたんですが。

個人の「行動」の分野では、
コレだけでは足りないんですね。

具体的には。

まず、「意思」が無い。

大切な「何故やるか。」がすっぽり抜けています。
もちろん管理業務向けなので、
その辺の決定は「上位者が行う」という前提なんでしょうけど。

次に、成功のイメージが描きにくい。

目的とそれを達成したときの「感情」。
この結びつきで、行動が起こせます。

この辺りもすっぽり無いです。

このブログで何が言いたいかと言うと。

手法だけ利用してもダメで、
背景/目的を理解することが大切。

ということです。

あなたが何かの「はじめの一歩」を踏み出そうとするとき。
その「始め方」があなたの意思に合っているか。

そんなことを、考えてみてください。

追伸。
これ、PDCAサイクルを否定するものではありません。
 (実際によく使っていますし)
PDCAもPDSも他の手法もそうなんですが、
その前提となる部分を理解してくださいね。

カテゴリー: 「始める」力 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>