早起き記録①とある27歳、社会人4年目にして逃避。

とある27歳、社会人4年目にして逃避。

序章

それは冬のある日のこと。
通勤の電車が5分ほど遅れ、
9時始業の会社に9時2分に到着しました。

いつものことなので、咎められることも特にない。

そんな朝から始まり、
頭のまわらない午前中をなんとか乗り切って。。。

朝の通勤ラッシュが、大嫌いでした。

朝の通勤は大変らしい。
それは社会人になる前から何となく聞かされていました。

実態は分からないけど、まぁ大変なんだろうと思ったので、
家を探すときも、なるべく座れる「始発駅」にしたいなぁと考えていました。
東西戦の妙典と言うところに家を借りたのはそんな理由からです。

妙典の朝は、始発待ちの列が2つほど出来るような駅です。
時間さえ余裕があれば、ほぼ間違いなく座れます。
しかし、座れたとしても押し寄せるスーツの大群。
落ち着いた空間とはかけ離れたモノです。

東西線をなんとか乗り切っても、続いて待ち受けるは大江戸線。
門前仲町で乗り換えて、勝どきまでの2駅。。。
2駅とは言え、大混雑、阿鼻叫喚・・・

大学時代に思っていた以上に、朝の通勤ラッシュは酷い。

たったの2駅。
それでも、嫌いでした。

・・・

慣れ合い

しかし慣れとは恐ろしいモノで・・・
社会人になりたては、8:30に職場に着くような電車で通っていました。
が、研修が終わり、同じ部署の先輩の様子を伺い・・・
気づくと時間は定時の9:00ギリギリに着くような電車を狙うように、
さらに2年も経つと、定時にすら遅れるように・・・

配属直後に思った、
「2分遅れるとか、社会人としてどーなのよ・・・」
という行動を取ってしまうようになっていました。

・・・

・・・こんなんで・・・

・・・いいハズは無いんだが・・・

毎日、通勤ラッシュに揉まれて。
仕事する前から疲れてストレス。。。
冬場だからまだいいものの、
夏場なんて汗臭いし、誰かと肌が触れようものなら
なんか気持ち悪いし・・・

あるとき、ふと駅に貼っているのを見かけました。

逃避

「東西線早起きキャンペーン」

冬の期間内だけだけど、早い電車に乗ればポイントが溜まるらしい。
溜まったポイントは、メトロカードと引き換えて・・・
なるほど。

混んでない電車に乗ろうと決断しました。
やっとあの地獄から逃避出来る。

そして、朝早く起きることを決めました。
ポイントが溜まるように、まず7時台後半に電車に乗る。
7時台前半、6時台後半。

よし、この時間なら3ポイントゲット!
この調子で貯めていけば、自然と早起きが習慣になりそうだ。

意外と、早起きは難しくないのかもしれないと思ったのでした。

早起き記録②へ進む
早起き記録「目次」を開く

カテゴリー: 早起き講座 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>