早起き記録②早起きをして最初に手に入れた「ご褒美」

目的

早起きは難しくない。
ただ、自分自身が早起きをしようと思っていなかっただけだ。
そう思うようになりました。

よくよく考えてみれば、早起きが出来ないわけが無い。

仕事でどうしても早く起きなくちゃならないときは起きれるし、
旅行で新幹線や飛行機を予約しているときは、ちゃんと目覚める。

目的さえあればちゃんと早く起きられる自分に気づきました。

じゃあ、今回の早起きの目的は何か??

ポイントを貯めてメトロカードと交換して実利にする、
そして混んでいる電車を避けることが出来る。

そんな「目的」があっての早起きなのでした。
そして、6時台前半の電車に乗る生活が始まります。

やはり、この時間の電車なら座れる。

朝早くなくても座っていける始発駅とはいえ、混雑具合がまるで違う。
席に余裕があるわけではないけど、立っている人はまばら。
間違っても座席に圧迫されるようなことは無い。

いい通勤、とはこんな通勤なのだろうと確信しました。

選択

さて、いい通勤になったところで思うこと。
座った電車で何をしようか。
そうだ、それを考えてなかった。

やりたいことはいろいろ、数知れず。
バンド活動などの趣味ももっと時間が欲しいし、
英語をはじめ学習の時間にも充てたい。

社会人の4年目ともなると、
「このままで本当にいいのだろうか」
などという漠然とした不安を考えて考えて、
それを払拭すべく諸々と手を出す、そんな時期でした。

それに、無理して早起きして業務中に眠くなってはいかん!と、
「睡眠時間」として充てるというのも有用そうに思えました。

そんなこんなを考えて、洗い出した電車の過ごし方は・・・

  • 寝る
  • 音楽を聴く
  • バンド曲作りのアイディア出し
  • ゲームをする(DS)
  • 新聞を読む
  • 英語を勉強する
  • 中小企業診断士の受験学習

どれも一日が充実しそうな、やる気に満ちた行動に思えました。
少なくとも、満員電車でただギュウギュウと移動していたころとは違う。

褒美

挙げてみた選択肢をいろいろ試してみたところ、
基本的には朝の電車をご褒美の時間にしました。
DSiを先輩の結婚式二次会のビンゴで手に入れていたので、
ちょっと前に出たドラクエ9をやる時間に充てました。

でも眠いときには寝るし、ゲーム飽きてきたら他のこともやるし。
まぁ基本は楽しいことを考えるときにしましょう、と。
そんな素敵な通勤時間にしましょう、と。

こうして、毎日の生活にちょっとした潤いが加わっていきました。

早起きして手に入ったのは、「潤い」という名のご褒美でした。

早起き記録①へ戻る
早起き記録③へ進む
早起き記録「目次」を開く

カテゴリー: 早起き講座 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>