早起き記録⑤突然の挫折

災いは頂点に

そう、まさに順風満帆になっていたそのとき。
「2つのこと」を経験して、
挫折を味わうことになりました。。。

ミナミの帝王、萬田銀次郎の言葉を借りれば、
「災いは頂点に住んでまんねやでえええッ!!」
ですね。

有頂天になって足元をすくわれるとはこのこと。
成功したときこそ、それを維持すべく細心の注意が必要だったんです。。。

挫折の要因その① モチベーションの変化

ひとつめの出来事。

それは、東西線早起きキャンペーンの2月末での終了。

そう、朝の早い時間に改札を通るとポイントが溜まる、
というあの仕組み。
早起きの直接のきっかけになってくれた、その仕組み。

それが3月からは、無い。

早起きのモチベーションになっていたものが、
“ある日”を境に無くなってしまう。
そこまでに習慣化出来ていればよかったんでしょうが、
あまりに早すぎる終了でした。
本当はうすうすは気づいていたはずだったのに・・・

1つの動機付けには間違いなく、有効でした。

キャンペーンが終わって感じること。
それは、早起きしてPASMOをピッとする毎に、
少しずつ溜まっていくポイントを楽しみにしていたんだな、という気持ち。

溜まったポイントを景品のメトロカードに替えてもらって、
一定の成果を確認出来たのは、やはり嬉しい。

しかし、それはやはりもう、無い。

もちろん。
「じゃー早起きやめるか」なんて短絡的な思考では無く、
「ちょっと残念だな」ぐらいの感じ方でした。

モチベーションが少し変わったのが、はっきりと認識できました。

挫折の要因その② サボり症候群

ふたつめの出来事。
挫折を決定的にした出来事・・・

それは風邪でした。

モチベーションが下がったとはいえ、
3月の上旬はそれでも、続けられていたんです。
やはり朝の時間は有意義ですから。

でも・・・
突然の体調不良。風邪。

熱、鼻水、腹痛、悪寒、だるさ。
インフルエンザではなかったけれど、
今日は仕事行きたくねぇな、という意識がありました。

普段はしないのですが、1日だけ、当日の午前半休申請をしました。

その午前中にのんびり布団で寝れる幸せと言ったらもう。。。

最高でした。

翌日、定時のギリギリに出社しました。
「だって風邪だから・・・治ったら早く行こう」
と、自分に言い聞かせ。

翌々日、もう治りかけ。
でも、まだ、定時のギリギリ。

完全に身に染みてしまったサボリ癖。
起きれない。
いや、もっと寝ていたい、と言う方が強いのか。

逆戻り

土日で寝だめするものの、平日は睡眠不足が慢性的に続いていた状態。
ああ、寝るのってやっぱ気持ちいいな、と感じていました。

もちろん、たっぷり寝て起きた時間の東西線は凄い混みよう。
疲れる、あの大嫌いな通勤に逆戻り。。。

張り詰めすぎた意図が一気に切れてしまったよう。

そこで立ち直る気力は、もはやありませんでした。。。
自分への嫌気が最高潮でした。。。

早起き記録④へ戻る
早起き記録⑥へ進む
早起き記録「目次」を開く

カテゴリー: 早起き講座 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>