早起き記録⑦分析への違和感

違和感

ポイントに振り回されていることは良く分かりました。
そしてそれを突然終了されると、モチベーションが下がることも。

でも、全部ダメダメだったかといえばそんなことはなく、
出来ていたことだってもちろんありました。

電車に座ってDSをやることや、
朝のカフェでの学習。
早起きを続けている間は、両方とも出来ていました。

しかし、早起きを止めたと同時に、
学習のモチベーションが下がり、ほぼ同時期に止めていました。
DSのドラクエだけは帰りの電車でやっていたのにも関わらず。。。

なんだこれは??

早起きが出来なくなったぐらいで、
どうして学習まで止まる・・・??

そしてDSだけは何故続く・・・???

もの凄く違和感がありました。
この違和感を理解して解消のヒントを見つけなければ、
きっとまた早起きしたとしても・・・

逆に言えば、ここがポイントだろうな、とも感じました。

続くことと続かないこと

学習とDSの違いは何か?

もっと言えば、
続くことと続かないことの違いは何か?

答えは、簡単でした。

楽しいかどうか。
やりたいと思うことかどうか。

こんなシンプルなことが答えでした。

DSは、楽しかった。
周りの友人もやっていたし、面白い。
友人より先にクリアしたい。
ちょっとした隙間の時間でもやろうと思うし、やれてしまう。
少なくとも、エンディングを見るまでは。

逆に、中小企業診断士の資格学習は、楽しくなかった。
なかなか先が見えないし、独りだし、難しいし。
すぐに取らなきゃいけない資格でも無いし、
時間のあるときにやればいいや、という余裕がありました。

今すぐじゃなくてもいい。
感情的にも、論理的にも、そういう思いがありました。

前向きなようだけども、本気ではない。
良くも悪くも、「空いた時間でやろうか」だったんです。
心からやりたいことではなかったんです。

やっぱりまた、モチベーションがテーマになりそう。

モチベーション

分析は、最初は自分を見つめていく作業で、なかなか辛いものでした。
でも、途中からは先を見据える考えに変わり、楽しくなっていきました。

そして、最終的にはモチベーションに行き着きました。
ただ、その中でも分けるべきことはある。

・どうなりたいのか?
・心からやりたいことか?
・そのモチベーションを維持できるか?

維持できるか。

そのキーワードが出てきたときに、
平日の睡眠時間を削っていたことも思い出しました。
今まで6時間でずっと生活してきた身体。

やっぱり6時間は必要、それをいきなり壊したらどこかが狂う。
早起きを習慣にするために、しっかり寝よう。

寝るためにはじゃあどうすれば・・・?

こんなことを考えていくうちに、
いきあたりばったりではなく、
もう少し長期的に、戦略的に早起きする計画を練ることが必要だな。

ということに気がつきました。

早起き記録⑥へ戻る
早起き記録⑧へ進む
早起き記録「目次」を開く

カテゴリー: 早起き講座 タグ: , パーマリンク