朝活で「違った視点」を手に入れる

昨日もお伝えしましたが、「やりたいことを100個リストに書き出す」という
朝活に行ってきました。

実はこのやっていること自体は、
サトウも推奨しているタスク管理手法「GTD」でも似たようなことをやっています。

簡単に言うと・・・
最初の「収集」ステップで、自分の気になることを全て書き出して、
続く「処理」「整理」のステップでリストに振り分けるのですが、
「いつかやる!」というリストに入ったもの。

そこで挙がるのが、「100個のリスト」だと思います。

(GTDでは、頭の中の気になることを全て外に出すことで、
クリアな脳の状態を作る、というところが重要なポイントです)

サトウ自身のGTDの「いつかやるリスト」を改めて見てみると、
なるほど、昨日書き上げたものの多くが重複します。

しかし、昨日の朝活がものすごく有意義だったのは、
一人では出来ないこと、

他人のアイディアを聞く

ということが実践出来たところです。

smile

アイディアの掛け算で、ビジョンが無限大に広がる

やはり、自分一人のアイディアには限界がありますし、
出てくる言葉や思考のパターンが固まってしまっています。
そんなときに、ふっと他の人の意見を聞くこと。
これが実に効果的です。

あれこれ悩むよりも、その一言を聞くことで、
一気に広がりが持てます。

これを、自分のビジョンに当てはめたら、もの凄いパワーになります。

具体的な例を上げると。
昨日、主催者の質問に答えながら考える時間がありました。

「1ヶ月で10億使いきらなければいけないとしたら、何に使う?」
「誰にでも会える権利が与えられたとしたら、誰に会いたい?」

とか。

サトウとしては、
大きな家とか旅行、感謝している人への招待や寄付・・・
イチローやジョブズ、坂本龍馬とかかなー
と考えていました。

サトウの中に全く無い、いい気づきを与えてくれた意見で、

・図書館を建てる
・昔の恋人

というものがありました。

感性が鋭いのか、女性ならではの視点なのか。
サトウにとっては、目からウロコ。
なるほど。
そういう発想もあるよなぁ~と、感心しました。

同時に改めて、人と会うことの大切さを実感しました。

これ、なかなかいい発見でしょう?
あなたも、何かアイディアを出そうと思ったときには、
自分一人ではなく、「他人の視点」で見てみると面白いと思いますよ。

「異なる視点を提供する」という意味では、
コーチングにも、通じるものがありそうです。

自分ひとりで悩むよりも、近道がきっとそこにはあります。

お試しコーチングへのお申し込みはコチラ

カテゴリー: GTD タグ: , , パーマリンク